【大濠公園ディナー】「Ristorante Stefano e Tomoko」でお祝いしてもらいました

こんにちは、つたちこです。
7月は誕生月です。
しばらく前になりますが、無事に誕生日を迎えました。
オットがお祝いしてくれる、とおいしいお店に連れて行ってくれました。
やったー。

現地に着くまで、お店のことは知らされず、着いたのがこちら。
大濠公園駅から、徒歩3分くらい。

白壁に屋根瓦。ちょっと和風?

……和食? と勘違いするような見た目のお店です。
よく見ると、ワインセラーがガラスの向こうに見える。
んー? 何やさんだろう?

早速入ると、こじんまりとした空間に、ゆったりとしたテーブル。
カウンターもあります。

どうやら洋食系、とはわかりました。
オープンキッチンで、カウンターの向こうにはシェフの男性がニコッと迎えてくれました。

席に案内してもらい、ぐるりと見渡すと、シチリア島の地図発見。
あ、イタリアンか!
やっとわかりました。

ゆったり配置のテーブル。ずらりと並ぶカトラリー。
なんだかゴージャスです。

こちらが落ち着いたころを見計らって、メニューの説明に来てくれます。
コース料理で、結構な品数。
全部何が出るかを説明してくれました。
魚からお肉から、いろいろ出てくるみたいです。

楽しみにしつつ、まずはビールで乾杯。
冷たくてとてもおいしい。
外はめちゃくちゃ暑いから、汗がなかなかひかないのでした。

まずはアミューズ的な「ようこその一品」。
一品といっても、とても手がかかっている……。
鶏のスモークと、カプレーゼ(チーズソースの下にプチトマトのスライスが隠れているのです)。
ぱくっとひと口で。
おいしい。しょっぱなから。

「ようこその一品」。なんだか繊細ー!

これはワインを飲むべきだね!
というわけで、ビールの後はワインに。
おすすめのワインを料理に合わせて3杯セットしてくれる、というのをお願いします。

今回、白、赤、赤、と料理のタイミングに合わせて3種類出してくれましたが、どれもとてもおいしかった。
特に白!!
甘すぎず酸味も強すぎず、でもちゃんとしっかりした味で、なんというか、絶妙でした。
(どれもイタリアワインでした。名前はいつも通り忘れました……)

そしてパンはこちら。

手作りのパン4種。フワフワフォカッチャから、カリカリのグリッシーニまで。

4種類。フォカッチャから、堅パンまで。
食感も味も香り(ハーブ)も違ってて、面白い。

前菜に入ります。1つ目は、かつおのたたきにカポナータを合わせたもの。
緑のなすペーストと、輪切りのナスチップがおいしい。
ソースがアーティスティックです。

かわいらしく盛り付けられた前菜その1。

次も前菜。
今度は鯛のグリル。
黄色いソースはパッションフルーツ。緑はズッキーニ。
鯛の皮がパリッと。中はふっくらしていて、とてもおいしい。
フルーツのソース、よく合います。

なんだか枯山水みたいな前菜その2。

お次はパスタ。
熊本の赤牛を使ったフィットチーネ。上にはチーズがのってます。
これ……、めちゃくちゃうまいミートソース、ですね。
とてもお上品に盛られていて、ペロリです。
肉肉しくてうまーい。

少量だけど、すごくパンチのある味でした。肉!って感じ。

そしてリゾット。
シェフの方は、リゾットが得意料理なんだそうです。
色鮮やかな黄色は、ウコンのリゾット。
トッピングは子牛の首のところの肉です(名前失念)。
このお肉がやわらかくて、でも面白い噛み応えがあって、とてもおいしい。
ぱくっと食べちゃうのがもったいない感じ。
うこんのリゾットも、なんだか体によさそうです。ワインのんでもOK! みたいな(勝手に)。

まっ黄色のリゾットに子牛肉。やわらかくてくにくにしてる独特の食感でした。

ようやくメイン登場!
豚肉のグリルです。
さっとこのお皿がでてきたら、びっくりですよ。
大惨事か!?
これ、パプリカソースだそうです。

ドキッとする盛り付け。いちいちソースがアーティスティックです。

お肉はとても柔らかくて、添えてあるパプリカのマリネと一緒に食べると、最高。
脂身が甘いんですよねえ。うまーい。
添えてある野菜のグリルは、ちょっと焼きすぎた感(とうもろこしは特に……)でしたが、甘みがどれも強くておいしかったです。

これで、料理はおしまい、この後デザートになります……。
と案内されたあとに、どうやら我々がお酒を結構楽しんでいたこともあり、食後酒を勧められました。

イタリアンで食後酒っていうと、グラッパかな?
と思ったら、手作りのリモンチェッロが数種類あるんですよー、とのこと。
冷凍庫から、4種類くらいの瓶が出てきました。
「香りもかなり違うので、どうぞー」と蓋まで開けてくれます。

4種のリモンチェッロ(レモンはないけど)。どれもいいかおり。

日本のかんきつ類でつくられたんだそう。
ゆず、かぼす、みかん、すだち。
あれ、レモンはないんだ。笑

香りをかがせてもらって、私はカボチェッロ(カボス)、オットはミカンチェッロ(みかん)にしてみます。
ストレートもお勧め……といわれましたが、さすがにきつそう(約30度だそうです)なので、ロックにしてもらいました。

小さなショットグラスで氷をいれて。

なめるようにして飲んでみると、おおー。きつい。
ニヤニヤしちゃうきつさです。

「ショットグラスで一気に飲み干すのがイタリア流」なんだそうですが、ちょっと無理だ。
ちびちび飲んでしまう。
アルコールも強いものの、甘さとかんきつ類の香りもすごく強くて、おいしいです。

オットは私よりアルコール弱いので、途中でソーダで割ってもらいました。
ソーダ割もさわやかでおいしかったです。

さて、デザートはチョコレートアイスと、ティラミス。
わー、ティラミスって、なんだか食べるの久しぶり!!
結構スポンジがすっかりしっとりしていて、柔らかめでした。
アイスは、下にサクサクのお菓子(名前を失念…)が敷いてあり、一緒に食べるとおいしい。

デザートは茶色系で。

そしてコーヒーと焼き菓子その他でフィニッシュです。
このトリュフチョコがまた、とろけるようでおいしかった!
オレンジピールならぬ、グレープフルーツピールはしっかりどっしり甘かったです。

最後まで手を抜かない感じのおいしいお菓子たち。

いやー、ちゃんとしたフルコースだ!
どのお皿もとても美しくて、おいしかったです。
私はものすごくおなか一杯になってしまいましたが、オットはそこそこだったそうなので、男性には少し少な目かもしれません。

サーブしてくれた方もフレンドリーでしたし、こちらのペースでしっかり進めてくれるし、とても良い時間が過ごせました。
ごちそうさまでした。

そして連れてきてくれたオットにも、ありがとうありがとう!

 

Ristorante Stefano e Tomoko

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400105/40039467/

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ