【目指せサブ4】「心拍数トレーニングしたい欲」からのGARMIN(ガーミン)の時計を買うか悩み中

こんにちは、つたちこです。
所用で、いろんなマラソン大会について調べています。
その流れで、ほかの方のマラソン参加したときのブログなども拝見しているのですが、「なんなのこのレベルの高さ」っていうケースが多くて、意味なく焦っています。

人は人、私は私。
レベルが違うのは、気にする必要もないし。

と冷静に思う一方で、初マラソンでサブ4達成とか、「大失速!」といいつつサブ3.5とか、そういう内容ばかり目につくのであった。

 

そんないろんな人のマラソン参加状況を拝見していてどんどん興味がわいてきたのが「心拍数」での管理。
心拍数を計測しながらその数値で管理することで、オーバーペースを防ぎ、安全で効果的な練習ができるのだそうです。

参考にしました。(有森裕子さんの応援はとても激しくて元気が出ます)

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/14/091100001/050800036/?P=2

 

実は、私がジョギングを始めたころ、ダイエット目的が第一だったこともあって、心拍を測りながら走っていました。
この時使っていたのは、腕時計に連動した心拍計測のためのバンドを胸に巻くスタイルでした。
しばらく使っていたのですが、時計本体をうっかりなくしてしまい、それ以来ほとんど時計を使っていません。
(全部iphoneで済ませてしまってた)

なので、胸にバンドを巻くタイプは、巻くのが面倒くさいし、すぐ外せないのがつらいのでいやだなーと思っておりました。

そこでGARMIN(ガーミン)です。
ランナー御用達の高級GPSウォッチ。

昨年出たタイプのものだと、ほとんどのものが腕時計だけで心拍数を測れる機能が付いているそうです。
それ!
それが前もほしかったのです!

以前買おうとしたときには、ガーミンは高すぎて手が出せないなー、と思っていたのと、私はそんな本気で走る人じゃないのに……という気持ちと、腕時計では正確に心拍数測れないというのが定石(噂)だったのが、ないまぜになり、別のものを買ってしまったのです。
が。

あれから数年。
腕時計も進歩し続けているのでしょう、ガーミンの光学式心拍計測機能は結構十分に使えるみたいです。

 

ガーミンの中にもいわゆる「松竹梅」みたいなランクがあります。

現行の最上位モデルが、 ForeAthlete 935というタイプ。
画面の解像度が他より高くて、バッテリーのもちも長い。21時間だそうです。
機能全部のせです。フラッグシップモデルというやつですね。
素敵ですが、お値段も相当素敵です。

次が、 ForeAthlete735XTJ。
935ほどじゃないけど、結構いろんな機能付き。
こちらは稼働が約10時間。
でもまあ、ジョギング中心に使うなら10時間で十分よね……。

そして ForeAthlete630J。
色は3色あってかわいいのですが、これは光学式心拍計が付いていないのでNGです。

ほかに235Jと35Jという機種もあります。
これらはスイム対応していないそうです。
(防水は、すべて50m防水だそうです。スイム対応ってなんだろう……)

 

調べれば調べるほど、欲しくなる法則発動中。
今「これかなあ……」と思っているのは735XTJです。
これでも十分お高いのですが、でもとてもいい。

ハートレートセンターをオプションで付けると、走る姿勢などもチェックする機能「ランニングダイナミクス」が使えるというのも、ちょっと引かれます。
(935は元からついています)

あと、一番いいなーと思っているのは色です。
「Midnight Purple/Pink」と名のついた色で、ベースが黒に近い濃紺で、アクセントにピンク。
写真で見ると結構ピンク比率が多いですが、実際に腕に巻くとたぶん、もっとチラ見せになると思うのです。
見えないところにピンク。そこがいい。

 

お高い買い物なので、まだまだ熟考中です。
(お高い買い物は、石橋をたたきまくって検討するタイプであります)

とりあえず、一度本物を見に、お店に行ってみようと思っています。

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ