女性専用カプセルホテル「AKIHABARA BAY HOTEL」で快適な一夜を明かす

こんにちは、つたちこです。
東京では、基本実家に泊めてもらうのですが、初日は遅くまで話し込むことが予想されたので、都内のカプセルホテルに泊まることにしました。
翌日も都内周り予定だったのもあります。
実家まで行くと、結構都内に出るのがおっくうになりがちなので……。

で、今回予約をしてみたのが「AKIHABARA BAY HOTEL」。
女性専用のカプセルホテルです。
何度かカプセルホテルは利用しましたが、女性専用は初めて。

夕方少し時間があいたので、夜のごはん前にチェックインして荷物を預けることにしました。

AKIHABARA BAY HOTELは女子っぽさ満載

ホテルの場所は、秋葉原駅から5分ほど歩いたところにあります。
大通りから1本入ったところにある道沿いです。

AKIHABARA BAY HOTEL
かわいらしいエントランス。ピンクである。

 

到着したとたん、ちょっとびっくり。
白地にピンクの水玉の看板!
うわー、女子っぽい! さすが女性専用!

中に入ると、靴を脱いでかけた鍵をフロントに預けてチェックインします。
フロントの方も、全員女性でした。

中の構造は、1Fにフロント、シャワーと洗面スペース、地下1Fにラウンジ(食事や作業ができるテーブルがああります)、2~5階がベッドとロッカーの個人スペース、といった感じです。

<スポンサーリンク>

早速2階に上がり、荷物をロッカーに入れます。
ロッカーは、いわゆる普通の縦長のロッカー。
私の機内持ち込み可能なトランクがぎりぎり入るくらいのスペースでした。

AKIHABARA BAY HOTEL ロッカースペース
ベッドと同じフロアにあるロッカー。私の荷物は全部入りきりました。

とりあえず大きな荷物を置いて、地下のラウンジへ。
ここも全面的に壁紙ピンク。
うーん、あまり広くはないです。
縦長の部屋に、一人がけのテーブルやソファがいくつか並んでいます。
先客も結構いますね。

AKIHABARA BAY HOTEL ラウンジ
壁紙ピンクのラウンジ。壁には電源が何か所もあります。使い勝手良し。

 

私も空いてるところに座って、作業を少々しました。
バッテリーも取れるし、Free Wi-fiもあるので、快適です。
一人客がほとんどなので、おしゃべりなどをする人もいません。しずか。

ラウンジには自販機と、自由に使える電子レンジ、ポットなどがありました。

 

その後、鍵を預けて一度外出し、戻ってきたのが0時ごろ。
しばらく休憩してからシャワーブースに行ったところ、さすがに深夜時間だったせいか、そこまで混雑はしていませんでした。
清潔感もありましたし、なかなか快適でした。

AKIHABARA BAY HOTEL ベッドスペース
しんと静かなベッドスペース。今回は下段でした。楽でうれしい。

 

1フロア当たりのベッドの数は、今まで行ったことのあるカプセルホテルに比べると、少ない気がします。
全体にコンパクトなのかな。
みなさんちゃんと心得ていらっしゃるようで、騒がしい人もいなくて安心して眠れました。

 

さて、翌朝。
私は約束の時間が少し遅めで、時間的に結構余裕があったので8時ごろ起床。
コンビニで買っておいたパンなどをラウンジで食べた後、顔を洗いにシャワーブース(洗面スペース)に行ったのですが、ここが大混雑でした……。

<スポンサーリンク>

さすが女子。朝の支度は気合が入りますよね。
びっしりと並んだ洗面台の前の椅子、偶然1個開いていたので座れてラッキーでした。

私の後に来て待ってる人もいたのですが、まあ、大体女の人の支度は時間がかかるもの。
ヘアアイロンで巻髪! とかの人もいたり。
すごい。

私もなるべく早く終わらそうと思いますが、こちらも一応やらねばならないことが適当にあるので、すみません。
女性専用のカプセルホテルで一番大変なのは、この朝の身支度の場所取りかもしれませんね。

ベッドフロアにある鏡の前で、化粧している人も見かけました。
急いでいたらそのほうが正解かも。

 

支度が終わったら、忘れ物がないように荷物を片付け、チェックアウトしました。
一晩お世話になりました。

 

女性=ピンク っていうのはちょっと短絡的ではないかとも思いますが、基本的には快適&清潔な環境で過ごすことができてよかったです。
秋葉原駅から近いし、少し歩けば日比谷線、千代田線あたりまで直接行くことも出来ます。
利便性は抜群ですね。

最近、東京来ると必ずカプセルホテルに1泊しています。
いろんなカプセルホテルを体験できるのも、なかなか楽しいものです。

https://www.bay-hotel.jp/akihabara/

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。