「大原松露饅頭」はみっしりこしあんの詰まったカステラ焼き。口の中でほろほろっと溶けるこしあんがたまらない!

img_9802秋の福岡に行ってきたので会社にお土産を買いました。
実は帰りの空港についたのが21時前。お土産屋さんも閉まり始めていてあまり時間がなく直感だけで選んだのですが、結構おいしかったのでご紹介。

今回のお土産は「大原松露饅頭」。唐津のお菓子でした。

サイズ感が伝わりにくいけど、ちまっとしてます。

<スポンサーリンク>

サイズ感が伝わりにくいけど、ちまっとしてます。

小さくてみっしりしています。
サイズは直径2cmくらいでしょうか。

個別の包装紙もなにやらかわいらしい柄。
緑に赤がポイントの松葉柄です。

かじると、中はこしあんがみっしりと丸く入っています。
さらっと口の中で溶けるこしあんは、上品な甘さです。

ちいさくてまるくてかわいい。

ちいさくてまるくてかわいい。


そして、皮。
この皮、カステラ生地でした。
ものすごいうすーく巻いてあります。
作り方をみると、たこ焼きみたいにして丸く作っているんですね。
(手作りってまじ!? こんなに大量に!?)

<スポンサーリンク>

で、これが、薄いのに絶妙においしい。
はちみつのような香りがします。
饅頭というよりカステラ巻あんこ。
うん、おいしいです。渋めのお茶と一緒に食べたい。

ちなみに、「松露」は、松の根元に生えるきのこ類のことだそうです。
なので、包装紙は松葉柄なのね。

コンパクトで数が多いので、持ち歩くのも楽ちん。大勢に配りやすいです。
ただし、あんこみっしりなので、箱を持った時の重量感は結構あります。
お値段はそこそこします。(24個で2,268円でした)
あと、添加物が入っていないので賞味期限は短めです。お土産が早めに渡せる方限定ですね。(未開封で6日間とのこと)

おいしかったのと周りにも割と好評だったので、九州のお土産にまた買おうと思います。

大原老舗

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ