【福岡ランチ】「寿楽」で中にぎり

IMG_6708福岡に行ってきました。
ランチログの番外編?の福岡編です。

福岡にはプライベートで行ったのですが、この日の午前中は大濠公園と福岡城址を散策(天気も良くてとても気持ちよかった!)。
歩いているうちに劇的におなかが空いたので、近くでなにかおいしいものを食べよう…と調べたらよさげなお寿司屋さんを発見。
さっそく行ってみることにしました。

寿司屋さんの「寿楽」は、大濠公園駅から歩いてすぐのところにあります。
雑居ビルの一階です。
表に出ている食品サンプルは古くて、一瞬「どうだろう…?」と思ったのも事実なんですが、クチコミを信じて入店しました。
時間は11時半くらい。朝が早かったので少し早めのお昼です。

入るとカウンターに通されました。
白木のカウンターの奥には水槽があって、フグやカワハギらしき魚が泳いでます。
中の職人さんも気持ちのいい感じのはきはきさ。
おお、これは期待…。

<スポンサーリンク>

メニューはお寿司を中心に、にぎり(並、中、上)、海鮮丼、幕の内的なもの、なぜか焼肉定食、などなど。
海鮮丼も気になりますが、ここは握りが食べたいなーと。
しかも旅の気分で気が大きくなっているので、中にぎりにしました。(1600円くらい)

オットさんは海鮮丼。
そっちも気になったのですが…。

まずは、サラダと茶碗蒸しとゴマ豆腐がでました。
茶碗蒸し久しぶり…。
具だくさんでつるんとしておいしい。
サラダも大きめのお皿にしっかり盛られています。
IMG_6706
ゴマ豆腐はサイズは小さめですが、甘いゴマダレもかかって濃厚でおいしい!

そうこうしているうちに、メインのにぎりです。
わあああ。ゴージャス!
大きなお皿に乗ってきました。
具材の説明はありませんでしたが、白身の魚が多いですね。
炙ってあるのも2種ほど。
手が込んでます。

どれもおいしそうすぎて、どこから手を付けるか悩ましい。

どれもおいしそうすぎて、どこから手を付けるか悩ましい。


ごはんは少し大き目。
一口ではちょっと厳しいかな…と思いながら、ぱくり。
ほろりとごはんがほぐれて、口に広がります。
うーーまぁぁぁいいい。

素材もおいしいのだと思いますが、お寿司、とてもおいしいです。

<スポンサーリンク>

どれも生臭みが全然なくて、うまみがすごい。
仕事をしてあるあなごもほろほろに煮えていて、ものすごくおいしい。
もったいないのだけど、ぬるくなるのも惜しくて、ぱくぱく食べてしまう。

これ、もし同等のものを市ヶ谷で食べたら2000~3000円くらいするんじゃなかろうか…。

ところで、オットさんが頼んだ海鮮丼の話なんですが、具が胡麻和えになっている海鮮丼でした。
あと、具も同じく白身が多い。
一口もらったのですが、鯛茶漬けのお出汁かける前のような胡麻和えで、とてもおいしい。
てっきり東京の海鮮丼(お刺身がのっているだけ)を想像していたので、「にぎり」にしたのです。
帰り際にお店の方に聞いたところ、福岡では「これが普通の海鮮丼」らしく、にぎり、本当においしかったのですが、「福岡ならではの海鮮丼」なら、せっかくの機会なのでそっちを食べたほうがよかったかな、と。
(しかもやすい!同様のセットで800円代でした)

ひょいっと入ったのに大当たりでした。
ごちそうさまでした!

寿楽(食べログ)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ