「高野豆腐のプルプル湯豆腐」…?なものになりました(要改善)

こんにちは、つたちこです。
面白いものを見つけました。

参考:あの高野豆腐がプルン ヘルシー激ウマ七変化 – NHK ガッテン!

高野豆腐。
あまり普段買わない食材です。
出汁がシミシミの高野豆腐の煮物は好きですが、自分で作ったことはないかも。

「熱湯で戻すとプルプルになる」というこちらの記事。

豆腐のプロも脱帽する最高のおいしさ

あの高野豆腐がプルン ヘルシー激ウマ七変化 – NHK ガッテン!

と言われたら、気になります。
試してみることになりました。

初めて買った高野豆腐。

写真:はじめての高野豆腐
高野豆腐、買いました

<スポンサーリンク>

これを(土鍋がないので普通の鍋ですが)沸騰したお湯に高野豆腐を入れ火を消し、軽く沈めて蓋をして4分放置しました。
簡単……。これでおいしいものが食べられるなら最高だな。

写真:沸騰したお湯に高野豆腐を投入
沸騰したお湯に高野豆腐を投入(直後に火を止めて蓋をしました)

きっちり計って4分経過。
ふたを開けると見たことのない景色が。(ショックすぎて写真撮り損ねたっていう)

鍋直径サイズにぱんぱんなくらい巨大に膨らんだ高野豆腐。端がぐずぐずと崩れかけています。
巨大すぎて&柔らかすぎて、お皿に移すにもなかなか難しい。
湯豆腐用の豆腐すくいを使って、何とか皿に移しましたが……。

ほぼ同時に2個入れた高野豆腐、それぞれのサイズが違いすぎる。

写真:沸騰したお湯でぷるぷる高野豆腐…
小さめの右はなんとか形を保ってますが、巨大な左はもう崩壊寸前です

これ、どっちが正解!?

とりあえずアツアツのうちに食べよう。

おすすめ通り、オリーブオイルに塩をかけて食べてみました。
うん、たしかに普通の高野豆腐の食感とは全然違う。ぷるぷるっていうかぐずぐずっていうか。

<スポンサーリンク>

巨大なほうとあまり膨らまなかったほうを食べ比べてみましたが、たぶんどちらかというと巨大なほうが正解に近い。
あまり膨らまなかったほうは、若干芯が残っているような感じでした。
大きくなったほうはそれはなかったです。

多少冷えてきてからのほうが「ぷるぷる感」は味わえたような気がしますが、どんどん中から水が出てきて皿が洪水ぎりぎりに。

そしてお湯で戻しただけなので、当たり前ですが味は塩の味しかなく。
食感がいつもと違うのは確かですが、おいしい……かなあ……?
もっと水分を切ったほうが良いような気もしますが、参考ページのようにざるにのせるなんて絶対できないぐずぐずさ。

※やわらかくなりすぎる場合がありますのでお気をつけください。

とあった、その「やわらかくなりすぎる場合」になってしまったのかもしれません。
時間通りに作りましたが、土鍋じゃなかったからだろうか……?

いずれにしても「ベースがお湯味」になってしまうのが自分的にいまいちでした。
「こんなかんたんなのにおいしい! がってんがってん!」
ってなるのを期待しすぎたでしょうか。とほほ。

のこった高野豆腐(乾物)は普通に煮ものにしようかなあ、と考え中です。
それともほかにもチャレンジレシピがあるでしょうか。
おいしそうなレシピを探さねば……。


普通の煮物。難しくないしおいしかったです!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。