Kindle(まんが)は、PCで見るの一択

こんにちは、つたちこです。
電子書籍は、もっぱらAmazon Kindleで買ってます。
いろんな会社に本が分散するのがいや、というのが主な理由。

普通の書籍もですが、特にまんがは、以前から買っていた書籍を除いて、新しく買う本はほぼ電子書籍です。
場所をとらないって素敵。

写真:読書イメージ
Photo by Blaz Photo on Unsplash

ですが、電子書籍でマンガを読むのに一番不満なのが、見開きで見られないこと。
Kindle Peperwhiteを持っていますが、1ページずつしか表示しません。
iPhoneのKindleアプリも同じく。
他のスマホのまんがアプリもそうですが、基本縦長画面で表示するのが基本だから、仕方ない。

それを意識して描かれている漫画家さんも多いそうです。(「重版出来!」にそういう話がありました)
その努力や気遣いもありがたい。

でも昔からのマンガ読みなので、やはり見開きで展開される前提のものは、見開きで読みたい。

<スポンサーリンク>

なので、ここ数年はもっぱらPCで電子書籍(まんが)を読んでいます。
Kindleの場合、「Kindle for PC」という専用アプリ、あるいは「Kindle Cloud Reader」でブラウザ上で読むことができます。

「Kindle for PC」(アプリ)の場合、ハイライトやメモなどの機能が使えたりそれが他端末と同期できたりします。便利。
あと、どのジャンルの本でも開くことができます。

「Kindle Cloud Reader」の場合、ブラウザ上に展開するのでダウンロードが不要です。ページごとに読み込みが発生しますが、ストレージを使わないのでPCの容量を気にしなくてよいのが素敵。
ただ、読めるジャンルがマンガや雑誌と、限られてます。小説などは読めないようです。
メモなどはできませんが、他端末との同期(読んでるもの、ページ)はするようです。
試してみたら、同じページを開きました。

私の場合、PCではマンガを読みたいのがメインなので、ほぼ「Kindle Cloud Reader」で読んでます。

これで読むと、PCの横長画面で、まんがが見開きで読めるのですよ!!

「ペリリュー 楽園のゲルニカ」2巻P151より

これがiPhoneで読もうとしたらこうですよ。全然雰囲気変わってしまう。

こうなってから
こう。

「Kindle Cloud Reader」の場合、ブラウザのサイズに合わせて全画面で表示されるので、私はサブディスプレイ(23インチ)に表示して読んでます。
体感で、雑誌サイズ(B5)くらい。

<スポンサーリンク>

つまり、迫力ある画面で読むことができるのです。
作家さんの細かい書き込みやタッチなども、しっかり受け止められます。

さらに!
大きなサイズで読めるということは……。
弱った目にも! やさしい!!!
無理せず、細かいところまでじっくり読めるので、老体にも優しいのであります。

最近ではむしろ、PCでしかマンガは読みたくないな……とさえ思っております。
(紙本はもちろんその良さがあるので、買いますけども)

「Kindle Cloud Reader」で読むには、本を購入した後に出てくる緑のボタン「今すぐ読む」をクリックすると、そのままブラウザで読めます。ものすごくお手軽。

「今すぐ読む」をクリックするだけ!

普通の小説や文字主体の本はiPhoneでも十分読めるし活用してますが、まんがはPCで読むことをおすすめしたい。
大画面で見られるマンガ、没入感もあってとてもよいです!

「ペリリュー」が良すぎて、3周目に入りました……。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。