普段やらない仕事が楽しい

こんにちは、つたちこです。
私の普段の主な仕事は、ウェブ制作の中でも企画提案がメインで、話を聞いてそれを整理して組み立てて、骨組みや原稿を作ることが多いです。

それはそれでやりがいあるし面白いんですが、ここしばらくやっている仕事は、実制作の一部。
デザイナーがデザインした基本パーツ類をもとに、私が作った骨組みや原稿の形に作り上げる仕事です。

これがとても楽しい。

写真:仕事のイメージ

<スポンサーリンク>

一応デザイナーには確認しながらですが、
「この表記、このパーツで組むといい感じにいける」
「こうしたほうが見やすい」
などと、工夫を重ねながら出来上がっていくのが、パズルのよう。
いつもと違う頭を使います。楽しい。
(そして足りないものは、デザイナーに要望を出して作ってもらう……自分ではデザインできないので)

単純に、出来上がりがどんどん見えていくのが楽しいのもあります。

そして、あるもの(骨組み)とあるもの(パーツ)を掛け合わせて作るから、一から考える必要がない、というのも楽しい理由かもしれません。
なんというか、気持ちが楽なんですよね……。

<スポンサーリンク>

ゼロから骨組みを作るのは、楽しい部分もありつつ産みの苦しみも結構あります。
調べたり検討したりすることも多い。いろんなところに気を回すし。
そういう深刻さがないんだな。

もう一つ、普段あまりやらないので、作業が不慣れ→慣れてくる、という習熟の楽しさもあるかも。
どんどんサクサクできるようになってくるのが、楽しい。
もっと任せて! みたいな。

というわけで、ここ最近毎日楽しく仕事してたんですが、ほぼ完成してきて、私にできることが少なくなってくるのが、ちょっとさみしい。
(仕事が終わるのはいいことなんですけども!)

Photo by Alexandru Acea on Unsplash

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。