ホットサンド・バリエーション その2

こんにちは、つたちこです。
ホットサンドマイブーム、しばらく続いています。
試した組み合わせメモです。

HLT+C

ベーコン(B)ではなく、ハム(H)。
ハム・レタス・トマトとチーズの組み合わせです。

写真:ホットサンド HLT+C

チーズはシュレッドチーズが売り切れたので、スライスチーズを使用。
まあ、ハズレはない組み合わせ。

前回(BLT)に比較して、レタスの量を倍くらいに増やしてみました。
レタスを増量しても熱でぺっちゃんこになるかと思っていたのですが、焼き方の加減かもしれないけどシャキシャキ感が残ったのが嬉しい。
大きめの2枚をちぎってのせるくらいのボリューム入れるのがよいみたい。
(大きいままだと、かじった時にずるっと全部出ちゃうときがあるので、適当にちぎるのがおすすめ)

ずぼらなツナメルト

前回は、水煮ツナの汁気を切って皿に出して、みじん切りの玉ねぎとマヨネーズを混ぜてからパンに挟む、という事前行程ありでした。
それをずぼらにしたもの。

パンに粒マスタードと多めのマヨネーズを塗り、水煮ツナの水分をできるだけ絞ったものを直接その上にのせました。
玉ねぎの代わりに茹でたスナップエンドウをそのまま入れてみた。

写真:ホットサンド ずぼらなツナメルト
結果は、問題なくいける。
マヨで和えてないツナが生臭く感じるかな? と思ったけど、大丈夫でした。
劇的に手間と洗い物が減ったので、以後採用。

スナップエンドウのシャキシャキの歯ごたえもおいしい。

<スポンサーリンク>

痛恨のミスは、食べるときの切る方向を間違えたこと。
本当はスナップエンドウの断面をだしたかったのに……。
(萌え断に失敗の図)

写真:ずぼらなツナメルトにはスナップエンドウが入っていたのだ
本当はこっち向きでカットしたかったの図。

ハニーマスタードベーコンチーズ

普通のシュレッドチーズがなくなってしまいました。
ちょっと冒険してみます。

クリームチーズ(kiriのキューブ1個)を銀紙をはがしてから20秒ほどレンチン。
すぐに柔らかくなるのでレンジについて様子を見ながらがよいようです。

パンの片面にクリームチーズ。
もう片面には、粒マスタードとハチミツを塗りました。
間にはベーコンを挟んで、完了。

甘い&しょっぱいの融合を目指しました。

写真:ホットサンド ハニーマスタードベーコンチーズ

ちょっと焼きすぎました。が。

食べてみると、個人的にはかなり好みの味でした。
今回も粒マスタードがいい仕事している。

しょっぱいものにハチミツは、かなり好き。
チーズをクリームチーズじゃなくて、もっと個性的なチーズ(ブルーチーズとか)にしたら完全にワインのつまみになりそうです。
ベーコンを生ハムにしても絶対合う。

 

今回のバリエーションは以上です。

<スポンサーリンク>

じわじわと甘い方面に近寄ってきているものの、まだ「スイーツ!」といった感じのところまではいけていません。

甘い方面にいくために、ジャムを用意したいところですが、手に入れ損ね。

そろそろ甘夏マーマレードのシーズンだな、と思いつつ、自力で作るには腰が重いのでした。
産直に買いに行くか……。

 

そしてホットサンドマイブームも、ちょっとひと段落してしまいました。
仕事やらが少々ばたばたして、朝に時間を取ってパンを薄く切るのが、じわじわ面倒になってしまったのだった。

あと、最近急に温かくなったので、かびる前に買ってきたパンは速攻冷凍してます。
5枚切りのまま冷凍してしまうと、そのままトーストになる運命に。(冷凍のまま薄く切るのはむずい)

せっかく組み合わせが面白くなってきたのにな。

落ち着いたらまた再開します!

 

ホットサンド組み合わせ実験はこちらもどうぞ。

https://tsutachi.co/blog/2020/04/hot-sandwich-2/

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。