【糸島ランチ】漁師直営「おさかな天国 天国食堂」でぷりぷりの海鮮丼&具沢山あら汁をいただきました

こんにちは、つたちこです。
糸島ランチ開発、今回は正確には福岡市西区にある「おさかな天国」のイートインに行きました。
西区の端っこは、ほぼ糸島ってことで(ざっくり)。

 

「おさかな天国」は漁師直営が売りの直売所です。
その名の通り、魚売り場が超! 充実しています。
安くてたくさんあって、そしておいしい!!
おいしいお魚が食べたい時には、ここに買いに来ます。
小さめの店舗なのですが、魚以外に地元の野菜や果物、豆腐や肉なども扱っています。

写真:おさかな天国 外観
魚を買うなら、おさかな天国!

 

場所は今宿バイパスを福岡市から糸島方面に進み、飯氏交差点の手前、バイパス沿いに入口があります。

もう少し糸島方面に進むと、有名な糸島の直売所「伊都菜彩」もありますが、「魚充実度」だけでいうと、おさかな天国のほうがすごい、と個人的には思っています。

 

そんな「おさかな天国」が一部リニューアルして、イートインスペースが飲食店に変わったのが昨年秋。
知ってはいたのですが、なかなか行けなくて、ようやく食べに行けました。

その名も「天国食堂」だそうです。
たべたら昇天しそうな名前ですね……。

 

場所は、おさかな天国のお店に入って、まっすぐつきあたり奥にあります。
入るとつい買い物かごを持ってしまいそうになりますが、そのまま進みます。

写真:おさかな天国 天国食堂 入口
天国食堂はお店の奥にあります。

 

入口がこちら。
手前にはメニューが書かれたホワイトボードがあります。
ランチメニューは、海鮮丼(980円)、海鮮丼極(きわみ)(1780円)、鯛茶漬け(900円)、日替わり定食(980円)の4種。
極、きになりますが、高いですね……。

写真:おさかな天国 天国食堂 メニューボード

 

中に入ると、3人座れる小さめのテーブルが2つ、カウンターが5席ほど。
テーブル席が空いていたので座りました。

テーブルにはテーブルクロス替わりにふわふわしたシートが貼られていましたが、これはちょっとないほうがいいのでは……と思ってしまった。
清潔感とか、雰囲気とか……。ちょっと残念ポイント。

<スポンサーリンク>

 

さて。何を食べるかと悩む間もなく、当然海鮮丼でしょ! とオーダーをお願いします。
ちなみに日替わり定食は、この日はイサキの煮つけ。そちらを食べてる方もいて、おいしそうでした。

 

それほど時間もおかずに、やってきました海鮮丼。
そして小鉢と漬物。

写真:おさかな天国 天国食堂 海鮮丼
にぎやか!海鮮丼です

 

おおーー。見た目にもにぎやか!
※ごはんを少なめにしてもらってます。

 

お醤油も置いてありますが、「海鮮丼のたれ」としてごまだれがおいてあったので、今回はそちらでいただきます。

写真:おさかな天国 天国食堂 海鮮丼のタレ
手作り感あふれる。海鮮丼のタレ。

 

食べようかな、と箸を持ったら、あら汁もやってきました。
どんぶりが大きい!!
海鮮丼と見比べてもらうと伝わるでしょうか。普通の味噌汁椀の倍くらいあるんじゃなかろうか。

写真:おさかな天国 天国食堂 あら汁と海鮮丼
あら汁の椀が大きい!

 

揃ったところで、いただきます!

海鮮丼の具は、全部で10種類くらいの魚がのっています。
それぞれ1切れずつで、結構薄切りではありますが、1切れのサイズがおおきい!
あと、1種山芋とろろで和えた魚(貝?かも)もありました。
山芋アレルギー持ちのオットの分は、私がありがたくいただきました。

写真:おさかな天国 天国食堂 海鮮丼
具は10種ほど!にぎやかです

 

それぞれのお刺身は、「さすが、おさかな天国!」と言いたくなるぷりぷり感。
特に(やっぱり)白身魚や青魚がとてもおいしい。
一部、ヅケにしてあったり皮目を湯引きしてあったりと、きちんとおいしくなる仕事がされています。

写真:おさかな天国 天国食堂 海鮮丼
薄いんですけど、食感がぷりぷりなのだ。

 

まぐろやサーモン、むし海老は、おそらく地物じゃないと思うので、思い切って入れないのもありでは……と思いましたが、そうすると色味が地味なのですよね。
いや、こちらもおいしかったですが!

あと、ごはんは酢飯でした!
私は海鮮丼は酢飯のほうが好みなので、うれしかった。

 

そして、今回一番衝撃的においしかったのが、あら汁ですよ。
むしろこっちが主役といってもおかしくないのでは?

おさかな天国では、1匹丸ごとの魚も売っていますが、さばいたものも売ってます。
「アラ」として販売もしていますが、それではさばききれない量だと思われます。

そのいろんな魚の「アラ」をふんだんに使ってあるのが、このあら汁。

おつゆの旨みがものすごい!
ひとくちめで「うわ!」と声が出てしまいます。

<スポンサーリンク>

そして、かなり身が付いたままのアラなので、それも食べられます。
ぷるぷるしたコラーゲン質のところや、中落ちのような骨についた身など、それぞれのおいしさが違うのが面白い。

あら汁だけでもおなか一杯になってしまいます。

 

小鉢は、海老の天ぷらのようなものと、さつま揚げでした。

 

ごちそうさまでした!

これで980円は、中身だけ見たらとてもオトクな気がします。
海鮮丼もあら汁も、めちゃくちゃおいしい!!!
そしてボリュームも満点で、おなかもいっぱい!

ただ、場所的な心地よさの点では、ちょっとマイナスも。
場所もテーブルも狭いので、さっと食べてさっと出る、のがよさそうです。

それでも入ってから帰るまで、入れ代わり立ち代わりほぼ満席状態だったのは、人気っぷりがうかがえます。
(平日なのに!)

 

1点個人的な悲しみポイントとしては、おなかいっぱい満足して家に帰って、届いてた地域版フリーペーパーを見ていたら、「天国食堂」の100円引きクーポンが付いていたことです。

なぜあと1日早く気が付かなかった!!!

100円引きの期限前に、もう一度行かねばなりません!

 

おさかな天国 天国食堂
福岡県福岡市西区飯氏扇子824-1

おさかな天国(食べログ)をチェック

 

糸島の地魚を使った海鮮丼なら、志摩の四季「志摩の海鮮丼屋」もおすすめです!

福岡・糸島「志摩の四季」で、絶品地魚を使った「糸島海鮮丼」をほおばるべし。これは究極の地産地消! | あちこち九州

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。