「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」で宇多田ヒカルの生声に浸ってきました

こんにちは、つたちこです。
「Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018」@マリンメッセ福岡に行ってきました。

マリンメッセ、初めてきました。

福岡でのライブは初めて。
というか、いわゆる音楽のライブに行ったの自体何年振りだろう……。

今回のライブは抽選で、オットと一緒に試しに申し込んでみたら運よく当たってしまった、という。

ライブ中に知ったのですが、宇多田ヒカルは全国ツアーをこれまで3度しかやっていなくて、福岡でのライブも12年ぶりなんだそうです。
貴重なライブを楽しんできました。

厳重なチケット販売。ダフ屋対策がすごい

今回のライブ、「抽選」なのですが、申し込みは宇多田ヒカルの公式サイトのみ。
申込時に、顔認証登録のため、自分の顔写真を登録する必要があります。

もちろん譲渡は禁止。
というか、登録した顔写真で入場時にチェックするので、譲渡出来ない仕組みになっています。

1人1人QRコードとカメラでチェックされます。
混乱なくチェックできててすごいスムーズ。

また、チケットもネット上のマイページ表示されたものを使用します。
紙チケットなどはないのです。

入場時にはスマホでチケット画面を表示します

おかげで会場周辺は、ダフ屋はいないし、「チケット譲って」みたいな人もいないし、非常に静かでした。
行きたい人が、正しい提示された金額で公平に(抽選の結果で)来場して音楽が聴ける。
すごいなー。

今どきってみんなこんな?
それとも宇多田さんのが最先端?

ライブの撮影自由度がすごい

<スポンサーリンク>

今回のライブ、フラッシュをたかなければ、スマホでの撮影・録画・録音がOKなんです。
(※一眼レフや録画録音専用機はNGだそうです)

カメラチェックももちろんありませんし、会場の内外でみんな普通に撮影してる。
もちろんライブ中もです。
「どうせダメって言っても撮るでしょ、だったらOKしちゃうわ」という感じなのでしょうか。

というわけで、私もいくつか撮ってみた。

もちろんiPhoneレベルでは撮影といってもこんな感じですが(私の腕が悪いというのもありますが)、それでもオットが録画してみた動画は、結構ちゃんと音が取れてました。
臨場感を思い出したい、みたいな人にはうれしいのではなかろうか。

 

ただ、「フラッシュ設定を切るように確認してください」と何度もライブ前にアナウンスや告知ボードがあったにもかかわらず、ライブ中にフラシュたいてる人、いました……。

あと宇多田さんからMC中に「後ろの人が見づらくなっちゃうっていうのをSNSで見かけたので、画面暗くするとか、高く上げないとかしてね」というような話も出ました。
(ちゃんとSNSチェックしてるんだなあ……。)

歌と音と光演出がすごい

そしてなにより、歌と音と演出。
素晴らしかったです。

すごく光がきれいだー!と思って撮っても全然再現されない件。

曲は、最近のアルバムと、昔のヒットソングの組み合わせだったので、私レベルの宇多田知識でも、とても楽しめました。
昔のアップテンポの曲も好きですが、最近の曲(特に「あなた」「道」)が大好きで、冒頭にこの曲がうたわれた時には鳥肌が立ちました。

生歌、ほんとにいいですね。
息遣いまで伝わる感じ。

 

バンドの演奏も素晴らしかった。
かっこいいー! と何度もつぶやいてしまった。
ギター、ベース、キーボード、パーカッション、といったメンバーのほかに、ストリングスのグループもいて、とてもいい音色でした。

 

演出についても、詳しいことは全く語れないレベルなんですが。
開始前はシンプルな舞台だなあ、と思いましたが、ライトとプロジェクターで、曲に合わせて映像と光が飛び交い、ときめきました。

途中、休憩のあとには、アリーナ後方にある小さな舞台でも数曲歌ってくれて、近くてうれしかったなあ。

アリーナ後方の舞台の時は近くてうれしかった。
衣装は白黒にチェンジ。

次回(いつ!?)もあるなら行きたい!

<スポンサーリンク>

そのほか、開始前にはBGMが一切ない、静かなざわめきが面白いな、とか。

開始前の静かなざわざわ。

宇多田ヒカルの衣装が前半も後半もとても素敵だった、とか。
(前半は黒のロングパンツのワンピース(なんていう名前なんだ)で、背中が丸っと開いててとても素敵!)
(後半は白と黒のコンビのミニスカート。かっこいい)

観客は老若男女(ほんとに!)でみんなに愛されてんだな、とか。

物販グッズがかわいいな、とか。(買わなかったけど)

どれもシンプルで素敵。Tシャツ買って普段着ればよかったかな。

 

久しぶりのライブで、いろいろと新鮮でした。
ずっと立ちっぱなしで、最後のほうはもう足が痛くなってしまってつらかったのですが。笑

私の後ろの席のおばさまがた(たぶん)も「座ってちゃだめよねえ」「そりゃダメでしょ」と開始前に言ってたので、ぜひ「ノリのいい曲も座って聞いていいエリア」(前がたつと見えないから)を用意してほしいなあ、と思ったりしたのでありました。

高齢化社会でも楽しめるライブを……!(いやマジで!)

 

アンコールまで大満足のライブでした。

 

最後に、今回(福岡11月15日)のセットリストを置いておきます。

セットリスト

  1. あなた
  2. travering
  3. Colors
  4. Prisoner Of Love
  5. KISS & Cry
  6. SAKURAドロップス
  7. ともだち
  8. Too Proud
  9. 誓い
  10. 真夏の通り雨
  11. 花束を君に
  12. Forevermore
  13. First Love
  14. 初恋
  15. Play A Love Song
  16. アンコール

  17. 俺の彼女
  18. Automatic
  19. Goodbye Happiness
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ