台風で死にかけて以来変わったこと。強風時は外に絶対出ません。

こんにちは、つたちこです。
台風21号の影響で、関西方面は大変なことになっているようです。
お見舞い申し上げます。
水浸しの関空なども早く復旧できるといいですね。

 

台風の苦い思い出を一つ。

 

昔。7、8年くらい前になると思いますが、東京に台風が直撃した日のことです。

その日は夕方から外出して、クライアント先での打ち合わせ予定でした。
場所は品川駅 港南口から徒歩5分のおしゃれなインテリジェントビル。

午後にはかなり雨足も強くなってきて、打ち合わせ(たしか16時開始だった)のころには、ちょうど直撃タイミング。

打ち合わせに同行するデザイナーからも「ほんとに打ち合わせやるんですか?」と苦い顔をされます。
私だって、できれば行きたくない。おうちに帰りたい。

でもちょうどその時進めていた案件、ちょっとうまく行っていなくて、打ち合わせは必須だったのです。
出来ればその日のうちに打ち合わせで話をちゃんと進めたい、という気持ちもありました。

とはいえ、もしかしたら、クライアント側も安全のために「はやめ退社推進」とかするかもしれない。
そんなことを期待しつつ、念のため、電話してみました。

 

「今日のうちあわせですけど、台風は大丈夫ですか? みなさん早く帰られたりしたほうがよいのでは?」

「ご心配ありがとうございます! 弊社は全然大丈夫ですので! お待ちしてますね!」
……と、にこやかに言われてしまった。
ああ。

 

こうなってしまうと、こちらから「いやいや、延期にしましょう」とも言いにくい。
幸か不幸か電車は動いていたので、私とデザイナー2人と連れ立って、打ち合わせに出かけました。
もちろん、万一を考え、早めに会社を出て。

雨が激しくなる中、中央線も山手線も無事に動いています。すごいな。

<スポンサーリンク>

想定より若干遅れ、ぐらいで品川駅に到着しました。

それでも余裕持って出ていたので、遅刻はしなくて大丈夫そう。
よかったよかった、と駅を出ました。

出た途端にものすごい強風。
雨もすごいけど、とにかく風がすごい。

品川駅港南口は、高層ビルが何本も建っています。
おそらく強風がビルにあたって、さらにビル風となって吹き降ろしているのではなかろうか。
とにかくものすごい風。
風と風の、一瞬緩くなる合間を縫って、ちょこちょこと移動せざるをえないくらいでした。

台風にもかかわらず、打ち合わせ用にジャケット着用で革鞄だった私。
濡れるのが嫌で、傘をすぼめながらもさして歩いていました。

これが大失敗だったのですが。

 

普段なら徒歩5分のところを倍くらい時間かけてすすんで、
もう打ち合わせ場所のきれいなビルのエントランスが見えたぞ! ドアまでもう少し!
……というところで、めちゃくちゃ強い風が吹きました。

すぼめながらさしていた傘にもろに風が入り、一気に開いて煽られました。
しっかり開いてしまった傘に風が全力で吹き込みます。
強風での推進力、半端ないです。

こういう時に限って、傘が壊れないのです。「お猪口」にもならない。
愛用していた傘は、非常に丈夫でした。

ヨットか、メリーポピンズか、というくらいの勢いで、煽られた傘と一緒に体が吹っ飛びました。
踏ん張ろうとしても身体が浮わついて全然踏ん張れない。

このままずるずる飛ばされて、勢いよく車道(結構大通りで車も走ってる)に出たら、走ってくる車にひかれる!!!

と、焦りながらも考え、まず、傘を手放しました。
ああ、ずっと使ってて大事な傘だったのに。
傘はそのままどこかにすっ飛んで行ってしまいました。

あの傘にぶつかった人がいないことを祈るばかり。
すみません、自分の命の危険には変えられなかった。

そのあとも風の勢いで体が停められなくて、仕方なくもう自分から転びました。
きれいなビルのエントランスの石畳の上で、ごろごろっと。
ようやくなんとか体を止めらた。車道に飛び出すことは避けられました。

その後、ビルの柱に縋り付きながら、なんとかエントランスの自動ドアを抜けて命拾いしました。

先にエントランスに入ってたデザイナー(ごつい男性2名)は
「つたさん、結構飛んでましたねー、大丈夫ですか?」
と、なんかのんきな感じ。

「みてないで助けてよ!!!」
と怒鳴りたいところでしたが、そんな気力もでない。

しぬかと思ったし空を飛ぶかと思ったし、地面に転がるし、洋服はびっちょびちょだし、髪の毛もぐちゃぐちゃだし。

<スポンサーリンク>

なんかいろいろショックで、エントランス内のソファでしばらく動けませんでした。

結局打ち合わせの約束の時間に「ビルの下」にはいたものの、動けなくて、遅刻の連絡をしました。
濡れた服を拭いたり、髪の毛を整えたり、化粧直したり、などとしばらく気持ちを落ち着けてから、15分遅れくらいで打ち合わせに行ったのでした。
社畜魂。

 

何とか仕事をこなして打ち合わせ終了。
外に出てみれば、風はまだ強いものの、雨はもう降っていませんでした。

でも、品川駅は人でごった返しています。
どうやら帰宅ラッシュ時に人があふれて、入場規制しているらしい。

人があふれている中を帰る気力もなかったので、3人で台風の中やっている居酒屋にGO。
ガラガラの店内でご飯を食べつつ、時間をつぶすことにしました。
酒の肴は、主に私が飛んで転がったことですよ。
本人はしぬかと思ったくらいですが、傍から見るとそこまで危機感はなかったようです。
ただの面白エピソード扱いでした。

 

3時間くらいぐだぐだした後に品川駅にいくと、さっきよりはましですがまだまだ混んでました。
雨も止んだので、何駅かあるいて帰ることに。
地下鉄の隣の駅くらいまで歩いたら、普通に電車に乗って帰れました。

ものすごく疲れた1日でした。
かなり昔なのに、本当に鮮明に覚えているのでありました。

 

長々と昔話をしてしまいましたが、そんなわけで、私は台風(特に風の強い台風)では、もうほんとうに外に出たくない!!
あの恐怖感、忘れられません。

今の私なら「今日の打ち合わせは延期しましょう!」と、最初の電話の時点で言っていると思います。

教訓としては

  • 仕事より安全第一
  • 台風のときに傘をさしてはいけない
  • 台風の品川駅には近づかない

などでしょうか。

 

今回の台風21号も、相当な風だったようで、ネットでもニュースでも、大風にあおられて車が倒れたり看板が落ちたり、工事の足場が崩れたり。
恐怖の記憶がよみがえりました。
外出てあるいたり、かさをさしたりしたら、いかんよ……!

皆様も、強風時にはくれぐれも無理をしないように、おすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ