私の知らないおいしいものが世の中にはいっぱいある

こんにちは、つたちこです。
2017年から大きく変わった私のできごととして、私の知らないおいしいものを食べる機会が増えたことがあります。
おいしいものを試食し、それを通信販売するために紹介する文章を書くお仕事です。

「お仕事として食べる」わけなのですが、基本おいしいものを食べることで幸せになれる私にとって「何という役得!」と思ってます。

 

おいしいものは好きですが、いわゆる「お取り寄せ通販」をすることはあまりなくて、基本は自分でお店に足を運んで買うのが好きでした。

<スポンサーリンク>

ただ、これだと、どうしても「知ってるもの」しか買わない傾向があります。
(デパ地下なんかだと、その場で試食させてもらっておいしいから買う、とかはありますね)

世の中にこんなにも「いろんなおいしい」があるのを知らなかった

お仕事で試食させていただくものは、全国の、私の全然知らない食べ物が来ることが結構あります。
見た目から「やばい、おいしそう」という時ももちろん多いですが、
「初めて見た!」とか「え、この組み合わせ!? アリなの?」と、正直思う時もあります。

もちろん、やたらめったらに送られてくるわけではなく、ちゃんとバイヤーさんの目を通して「売れる!」とにらんだものが送られきます。

そのバイヤーさんが「売れる、あるいは売りたい」と思ったということは、当然ですが、それが「おいしいから」がほとんど。

 

いざ、試食させてもらうと、ほんとに「わー! なにこれ、うまい!!」となるケースが多くてですね。
自分の知ってる「おいしい世界」はなんて狭かったのか、と痛感させられるわけです。
それほど知られてないけど「やばい、うまい」な品物が世の中にはたくさんある。
発掘するバイヤーさんは、すごい。

<スポンサーリンク>

そしてそれを体験する機会をいただけているっていうのは、本当にありがたいです。
自分の「おいしいもの視野」も広がります。

「無駄な経験はない」を実感してるのです

このお仕事のきっかけは、このブログでした。
私がつらつらと書いていたランチブログを読んでくださって、声をかけてもらえたのです(本当にありがたいです)。

そして天狼院のライティング講座に行っていたことも無駄になってないような気がするし、仕事の息抜きで外ランチに一人でガンガン行くようになったこともブログにつながっているし。
もっとさかのぼれば、私がおいしいものになら多少のお金かけてもいいタイプになった20代ごろの経験にもつながるような気がします。

私は、めちゃくちゃグルメなわけじゃないけど、そういう過去の諸々が今につながってるんだなあ。

「おいしいもの視野」がもっと広がったら、また別の役に立てることができるかもしれません。
なんて。

夢を広げつつ、まずは目の前のお仕事をコツコツがんばります。
見たことないおいしいもの、ウェルカム!

  • ブックマーク

この記事を書いた人

つたちこ

フリーランスのwebディレクター。基本方針は、健康的においしい食べ物とお酒を楽しむこと。できるだけご機嫌で生きていきたい。
ブログ「tsutachi.co」は毎日更新中です。