名残りのいちごで久々にジャムづくりしたよ

こんにちは、つたちこです。

福岡といえば「あまおう」の産地。イチゴ栽培が盛んなようで、いまだにイチゴをよく見かけます。
とはいえ、もうシーズンも終盤。というより終わってますよね? という時期です。
なのでこの時期に見かけるのは、小さな小さな名残りのイチゴ。
甘さはあんまりなくて、小粒のものばかりですが、安く売っています。

 

東京にいたときも、5月くらいになると、小さくて安くなったイチゴが売っている時があり、見かけるとたまにイチゴジャムを作っていたのですが、ここ数年はやってなかったかな……。
あれは見かけたときにやらないとだめですね。

<スポンサーリンク>

 

で、先日「おさかな天国」という直球な名前の直売所に行ったら、魚だけでなく野菜類も結構売っていて、そこに東京でよく見かけるパックの倍サイズで180円、という破格の値段でイチゴが売っておりました。
やっす!!!!

見たところ、カビなども生えていないようだし、物は良さそう。
よし、これはジャム作るチャンス! と1パック買ってきました。
安いよー。安すぎだよー。

 

イチゴのジャムづくりは割と適当でも大丈夫なので、性に合ってます。
イチゴの重量の3割くらいの砂糖を、へたを取ったイチゴと一緒に鍋に入れてしばらく放置(1~2時間)。
その後、水分出てきたらそのまま弱火で煮込んで、沸騰してからレモン汁をちょっと追加して、煮詰めれば出来上がり。
煮沸した瓶にいれたら完成です。

<スポンサーリンク>

時間はかかりますが難しさはありません。

 

こんなにたくさん! と思ったイチゴですが、出来上がったら瓶1.5個分になっちゃいました。
こんなことなら2パック買ってくればよかった……。

明日の朝ごはんは、手作りイチゴジャムトーストです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告




レクタングル(大)広告




この記事をシェアする

フォローする

おすすめコンテンツ